ouchi cafe 風音


おウチでのんびりcafe気分♪  専業主婦と3人の子供達・・・ お家の中の小さな幸せつづり
by kanon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ミステリー小説♪

最近読んだ、ミステリー小説をご紹介。


・去年の冬、きみと別れ

d0202426_22491854.jpg



海外でも評価が高く、数々の賞をとった作品。
そんなにおもしろいのか~と手に取り読んでみました。

最初の方で感じたわくわくドキドキ感が、どんどん違う方向へ・・・
ちょっと残念。

でも、映画になれば面白そう。



・教場

d0202426_22494260.jpg



警察学校のお話。
単純に、警察官の見方が変わりました!

将来の夢がまだ決まらない長男。
うちの息子に警察官は絶対無理だな~
と思った貴重な1冊。




・イニシエーションラブ

d0202426_22522275.jpg



結構前の小説なんだけど、再ブーム到来。
「必ず読み返したくなる小説」と大絶賛されてますが、
その通り。

最後の2行で、ストーリーがガラッと変わってしまう手法は見事!
[PR]
by hand_made_kanon | 2014-04-18 22:52 |

図書館で働くということ。

また、久々の更新となりました。
ついこの間、年が明けたばかりだと思っていたのに、もう4月ですね~
この春から新しい生活を始めたという方も
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

私が働いております図書館にも、人事異動がありまして
この4月から新しく一緒にお仕事させていただくことになった方がいます。
「人事交流」といって期限付きで、北大の図書館から異動になられた方です。


よく皆さんに聞かれることなのですが…
「図書館って、どんな仕事してるの?」

私も実際、働いてみて初めて知ることばかりだし、
おまけにパートの分際で偉そうなことは言えませんが
ただ、カウンターですまして座って
貸出処理をするだけのお仕事ではありません。

重くて古い本を何冊も扱うのですから、力仕事や汚れ仕事といったことも結構あります。
「明日はジャージ出勤ね」なんて日もありますから。

返却された本を配架しようにも、スペースがなくてたくさんの本を
ちょっとずつ、ちょっとずつ、ずらしたり…
やぶれた本は修理して、落書きは消す。

なんとなく、「本を大切にしよう」という気持ちも芽生えます。

膨大な図書の所蔵に、更に毎日毎月新着でたくさんの本が入荷。
番号を付けるのだって、単純な作業ではありません。

図書館システムというのは、ここの図書館だけがわかれば良い…ということじゃなく、全国(世界?)の図書館とのやりとりがあり、その全体を把握しなければいけません。

大学図書館では「ILL」といって、
学生や教員が、自分の大学にない本を他の大学に借りたりするサービスもあります。
本の貸借だけではなく、本の一部分の文献だけをコピーで取り寄せることもできます。
そういった事務作業も大事な仕事の一つです。

先日は海外の大学図書館からの依頼があり、全て英語でのやりとり。
もちろん、私にはできないので職員さんにお願いしましたが…

そして年に何回かは、その膨大な図書の所蔵点検も行います。

いやいやそれだけじゃなく、
きっとパートの私にはわからない世界がまだまだあるはず。


d0202426_16542216.jpg



何にせよ、図書館の仕事というのは徹底して「本」に携わる仕事であって、
本好きにはたまらない職業…というより本が好きじゃないとできない職業だと思います。

司書の資格というのは特に年齢制限もなく、比較的簡単に取れるのだそうです。
でも、それからが大変。

何せ、図書館の数より図書館で働きたい!という人の数のほうが圧倒的に多い。
司書の資格はあたりまえで、
そのうえに職員採用試験(年齢制限あり)のほかに司書採用試験もあるそうです。

狭き門の中、優秀な人材が上から順に採用になっていくしくみです。

小さいころから「大きくなったら図書館で働きたい!」という夢を抱き、こつこつ頑張ってきた人たちに、
なんとなく「図書館で働いてみたいな~」ってやっつけで試験に臨む人が、かなうわけがありません。

北大の図書館の職員さんたちは、まさにそういう人たちばかりが働いています。
(※注意:小さい大学図書館で働いている職員は、人事異動でたまたま図書館に異動になったという人が多く、司書資格のない方も多いです。なので指導もふまえ、大きい大学図書館との人事交流があるんですね。)


そういった方たち(努力をして夢をかなえた人たち)と、一緒にお仕事させていただくことは私自身、ものすごく良い刺激をいただいております。

本当に、なんでもっと勉強してこなかったんだろ!!って今更ながら毎日のように思います…

でも、私の子供たちはまだ間に合う。
だからこそ、今からこつこつと頑張ってもらいたい。

残念ながら、うちの子供たちには本好きがいないかもしれませんが…


「図書館で働く」ということは、
何よりもまず本が好きな子供たちには、是非とも目指してほしいおすすめの職業です。

狭き門であればあるほど、勝ち得るものはきっと大きい。
[PR]
by hand_made_kanon | 2014-04-10 16:55
カテゴリ
最新の記事
1 day shop*東武イ..
at 2016-12-08 22:11
1 day shop*東武イ..
at 2016-12-08 21:42
森の雑貨店♪
at 2014-05-22 23:23
札幌エイティーワン(81)さん♪
at 2014-05-08 20:21
滝野すずらん公園♪
at 2014-05-08 19:30
以前の記事
リンク
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧